脱毛部位の線引きが厳しいと感じた

全身の脱毛をするほどお金に余裕はありませんが、両ワキとVラインというのは毛も太く目立つので、どうしても脱毛エステで処理してもらいたかったのです。

いざ脱毛を開始してみると、驚くほどキレイ。あんなに太かった毛が、本当に段々と産毛に近いほどまでに細く目立たなくなってきました。まだ通っている最中ですが、どこまで目立たたなくなるのか本当に楽しみでなりません。

ところが。

Vラインの一部が、脱毛前の状態と中々変化が見られないのです。
私自身、毛深いほうなので、「Vライン」として気になる範囲が広いのです。太ももの付け根のほうにまで太い毛が生えてしまっているのですが、その部分の毛が中々目立たなくなりません。そこでエステティシャンの方に尋ねると「Vラインの範囲、一部脚の付け根の部分は対象外になってしまいますのでご了承ください」とのことでした。確かに一般的な「Vライン」のゾーンからは対象外かもしれませんが、毛深い人にとっては太い毛が生えてしまう部分すべてが「Vライン」。その対象外の部分の剛毛を脱毛するには太ももの部分の脱毛を申し込まなければいけないようでした。

エステを運営していくうえで、適用範囲の線引きはきちっと決めているほうが運営しやすいのだと思いますが、利用している私はなんだか気持ちがモヤッとしています。結局、ふとももの脱毛までのお金をねん出できない私は、あと少しのその部分の剛毛は毛抜きで自己処理する事になるので、脱毛エステでVラインを脱毛してもらっていても、事故処理しなければならない一部はブツブツとした肌のままになるという事態。ショーツで隠れる部分の適用範囲外は別に気にならないんです、ショーツで隠れるわけですから。しかしショーツで隠れない太ももの部分の剛毛、ここは人それぞれだと思うので、明らかに剛毛な部分まで処理してほしいなと思ってやみません。

某脱毛エステで両ワキとVラインの脱毛(満足するまで何度でも)の申し込みをしました。脱毛エステに行きたくても病気療養や妊娠出産授乳の時期があったため中々行けず、事故処理を続けてばかりいた私にとっては本当に神様のような存在の「脱毛エステ」。 脱毛サロンカウセリングがかなりやばいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です